alone in the mountain
自己嫌悪(大普賢岳)

     2003/10/26
     メンバー あいP
、よっしぃ、ぐり〜ん♪
     天候 晴時々曇り
     山域 大峰山地(奈良)



行程
和佐又ヒュッテ→和佐又のコル→笙ノ窟→大普賢岳→水太覗→大普賢岳→岩本新道→和佐又のコル→和佐又ヒュッテ
画像をクリックすると大きな画像が表示されます。


  ソロクライマーは100%近く死んでいるけど、
        それはいつもひとりで登っているから。
              楽しい登山もないと寿命が延びない。

                        山野井泰史

岩と紅
笙ノ窟

 今日の登山は楽しかった。
普段の単独登山では考えられないような食事をし、いつもなら一言も口を聞かずに登っていく登山道に、常に笑いがあふれていた。


秋のコントラスト

 ここのところ敗退続きだったが、今日は山頂を踏むことも出来た。
すべてがうまくいった。

 だけど、今の僕の心は自己嫌悪の底に沈んでいる。


季節の境
空へ

 この登山の中で、僕は言ってはいけない事を何度も口にしてしまった。
人を傷付けるような言葉を何度も口にしてしまった。

 これまでの人生で僕は何を学んできたのだろう。
あの人が手首にナイフをあててまで教えてくれた大切な事を、もう忘れてしまったのだろうか。


 すべての人を愛することなんてできやしない。
だけど、人を蔑むようなことを口にしちゃいけない。


鍋パーティー
山頂

 周りにいるすべての人が僕に何がしかの影響を与え、その影響により今の僕が形成されている。ヨーロッパアルプスやヒマラヤを夢見る「僕らしい僕」を作ってくれたのは僕自身と僕の周りにいるすべての人だ。

 そのことを忘れちゃいけない。


水太覗
サムアップ

   俺はうまく歌えているか
   俺はうまく笑えているか
   俺の笑顔は卑屈じゃないかい
   俺は誤解されてはいないかい
   俺はまだ馬鹿と呼ばれているか
   俺はまだまだ恨まれているか
   俺に愛される資格はあるか
   俺は決してまちがっていないか
   俺は真実へと歩いているかい

           尾崎豊 「シェリー」



[ 山行記録 index へ ]

[ home ]