alone in the mountain
夏の終わりに(金剛山)

   2008/8/26
   メンバー ぐり〜ん
   天候 霧時々雨
   山域 金剛山地(大阪府)

行程

8/25
金剛山登山口→のろし台→社務所→のろし台→金剛山登山口




 夏が終わる。

 今年の夏、僕は「信じる心」を失った。

 もう山なんてどうでもよかった。

 なにもかもを壊し、なにもかもを殺したかった。

 夏の目標はあった。

 人が攀じらないルートから綺麗に山頂へ抜けるラインを2本考えていた。

 しかし、僕は下界での許せない裏切りで山への情熱を失った。


 自分がどこへ行きたいのかも分からなかった。

 とにかく、ここではないどこかへ行こうと思った。

 歩き続けなければ僕の魂は死ぬと思った。


 原点へ帰ろうと思った。

 僕は6年前に山に復帰した時に登った山へその時と同じルートで登った。

 あの時の気持ちに帰れば何かが見つかるような気がした。

 見つかるわけなどないのに何かにしがみつきたかった。


 僕はまだ闇の中にいる。

 朝の来ない闇はないと知っていても、この闇がいつ明けるのか僕には分からない。

 今は手探りで暗闇を進むしかない。

 怯えて立ち止まればすべてが壊れてしまうことを知っているから。

 この夏の終わりに僕はどこへ向かい、どこへ辿り着くのだろうか。



[ 山行記録 index へ ]

[ home ]